学校経営方針

「グローバル人材育成推進校」
  Project for Promotion of Global Human Resource Development
  これからの未来社会をたくましく生き抜く人材の育成

Concept

Connect to the Future−Challenge & Evolution− 未来へつなぐ 〜挑戦と進化〜

めざすのは「ちがいを ちからに 変える学校」
 あなたと誰かの「違い」はすべて
 この学校のちからになっていきます
 あなたが存在しなければ
 つくれない未来がある
 原宿外苑中学校のすべてのちがいをちからに変えて
 未来社会を見据えた「未来の学び」を創造し
 「未来の学校」を構築する
 これからの未来社会をたくましく生き抜くグローバル人材をめざして
 限りない挑戦とたゆまぬ進化によって
 すべてを「未来へつなぐ」

Just do it ! HarajukuGaien  やっちゃえ原宿外苑

「世界水準の学び(グローバルな学び)」の構築に向けた「学びのイノベーション」が求められています。これまでやってきた教育活動を踏まえ、「未来の学び」を試行錯誤して構築していく必要があるといわれている中で「新たな課題」が数多く出現することが予想されます。これらの課題を乗り越えるためには、「実行力」が重要です。子供たちのために「良いこと」はとことんやる。そして、やり切る「突破力」も必要です。この「実行力・突破力」を引き出すために Just do it ! HarajukuGaien “やっちゃえ 原宿外苑“ を合言葉に新しい教育活動を展開していきます。

教育目標

「超スマート社会」とも言われる「Society 5.0」の到来に伴い創出される新たなサービスやビジネスによって、我々の生活は劇的に便利で快適なものになっていくといわれています。一方で、人類がこれまで経験したことのない大きな変革期を迎えるともいわれる中で「AI、ビッグデータ、IоT、ロボティクス等」の高度化した先端技術を使いこなし、多様な他者の価値観や特性の差異、世界的な環境の変化等と協調して、これまで経験したことのない様々な課題を主体的に解決していく人材が求められています。このようなグローバル人材(次世代人材)の育成を目指し、激動の時代をたくましく歩んでいくための「生きる力」を育むため、これまでの「自主・共生・健康」の取り組みを活かしながら、次の目標を設定します。

〇 Communication
  多様な他者との主体的な「コミュニケーション」により
  「自分のよさや可能性を探究する」とともに
  「あらゆる他者を価値のある存在として尊重」することができる

〇 Collaboration
  多様な他者との協調・協働「コラボレーション」により
  「様々な社会的変化を乗り越える」ことができる

〇 Innovation
  多様な他者の考えを統合することにより
  新しいコト・モノを創出できること「イノベーション」を知り
  「豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会の創り手」となることができる




第7代校長 駒 崎 彰 一 001mini.png